入社のきっかけ

ものづくりの中でも職人的な仕事で「キミにだったら任せてもいい」と言われる仕事がやりたいという希望がありました。大学の専攻は電気科だったのですが、卒業研究が「子供たちに理科教材を作って勉強してもらう」という、ちょっと変わったテーマでした。子供たちが理科の授業で習ったことをベースに作れる玩具のキットを開発し、そのためのテキストも制作するという電気科らしからぬ研究室にいたことが、ものづくり系の仕事を選んだきっかけになったと思っています。
天木鉃工は、仕事の幅を限定せず様々な種類の加工を手がけているところが魅力的でした。

今の仕事の苦労と魅力

入社して4ヶ月間は大野工場で量産を担当していました。今の部署(カスカワ工場)で単品の製造に携わるようになって日が浅いので、すべてが苦労と言えばそうなります(笑)。具体的には横型マシニング、穴あけやネジきりをしています。
10mmぐらいの穴あけに0.05mmの誤差も出さない厳しさがあります。また、1品の加工にとても時間がかかりますし、量産品とは1個あたりの金額も違います。ですから、大野工場にいた頃に比べて責任がより重くなった感があります。


後輩へメッセージ

大学を選ぶ際、機械科に進むことも考えたのですが、高校が電気科だったため「電気の高校だから大学も電気をやるべきでしょう」みたいな雰囲気の中で電気科に進学をしました。でもこの会社に就職してみて、学校で何を学んだとかに関係なく、結局好きなもののところに戻ってくるんだなぁ、と思いました。
実際にやってみて気付いたことですが、電気も機械もどこかに通じるものがあって、最終的に両方が融合して1つのものが出来上がる。だから、大きく違うように見えて何か似ているところがあります。
学部とか専攻にあまり縛られず、やりたいことを選んでもいいのではと思います。

私の趣味

ルアーフィッシングが趣味。釣るだけでなく、リールを分解して自分でメンテナンスしたり、仕掛けを作ったりもします。
やっぱりものづくりが好きなんだと思います(笑)

 

ページ上部へ
Copyright (C) 2014 Amaki Machine Works Co.,Ltd. All Rights Reserved.